MENU

 高校の3年間、男子校に入学してしまったことにずっと後悔をし続けてしまいました。
マジで男だけの世界というのは、この世の地獄だという感じがしました。
通学や学校の帰りなどに、共学の奴らが女子高生と一緒に楽しく帰っている姿を見かけるたびに、羨ましいやら腹が立つやらと複雑な気持ちになってしまっていました。
楽しそうに手を繋いでいる奴らを見ると、後から張り倒したいような気分にまでなってしまうぐらいです。
これは男子校でも当然付き合っている奴はいましたけど、ブサメンな自分にはどうやって相手を探すのかなんて全く分りませんでした。
結局は男同士で付き合うだけで、さすがにホモっ気こそ芽生えることはありませんでしたけれど、一度も女性と関わりを持つことなく無駄な3年間を過ごすことになってしまったのです。
大学進学が決まった時は、やっと女性のいる環境で生活ができると小躍りしてしまいました。
大学というのは高校と違い、大勢の人たちが集まってきている世界です。
たくさんの女性たちがそこにはいるのですから、自分のような男でも好意を寄せてくれる相手探しはできるに違いない、勝手に確信をしてしまっていました。
華やかな世界で新しい生活をスタートさせ、わくわくした気分を持っていたのも最初のうち。
全く恋人ができない状態が続き、結局はオナニーの生活を続けてしまっていました。
自分と同じような境遇の男とも仲良くなれて、2人で嘆くことしきりって感じだったのです。
キャンパスに入ったら絶対に恋人ができると思っていただけに、ショックも大きく諦めの境地に達してしまうぐらいでした。
キャンパスの中で仲良くしている恋人たちを見ると、ただひたすら羨ましいという気持ちが湧き上がってきて、いたたまれない気持ちになってしまったのです。

 

定番アプリ登録無料
セフレアプリランキング
簡単にセフレを見つけたい人におすすめ